TOPIC

縦ショート動画時代到来!バズるTikTok動画作成法3ポイント

2022年終盤から2023年にかけて、YouTubeの収入が軒並み激減しています。

 

理由はいろいろありますが、YouTubeの親会社Googleを含めたGAFAの売り上げが下がっていることによる、広告料の減少。

 

YouTubeのチャンネル数増加による、再生数の減少。

 

などなどいろいろ言われていますが、1番の理由はTikTokの影響でしょう。

 

SNSの世界ではここ1.2年で、Tiktokが圧倒的な勢いで人気を伸ばしています。

 

短い動画が中心で面白い
縦にスワイプして、どんどん動画を探せる操作性
色んな曲をつけれて、動画投稿が簡単で面白い
などなどの理由で、YouTubeやInstagramより新規ユーザーを獲得できています。

 

何よりアクセスが集めやすく、動画投稿者からしたら、成功体験を実感しやすくやりがいがあるでしょう。

 

 

すっかり時代は、ショート動画、縦動画の時代が来たと見た他のSNSは、完全にTiktokを意識しましたともいうべき、縦ショート動画投稿サービスを開始しています。

 

Instagramのリール
YouTubeのショート
なんかは、Tiktokとほとんど同じ構成になっています。

 

私もここしばらく、TikTokを中心に投稿して来ましたが、コツがわかって来て、多い動画は500万再生を超え、10個以上100万再生以上の動画を作れました。

 

そこで今回は、避けては通れない縦ショート動画時代。

 

でもどんな動画を作ったらいいのかわからない。

 

そんなあなたに、バズる縦ショート動画作成法3ポイントをお伝えします。

 

1.よく使われてるノリのいい音楽を使う

TikTokの売りは、音楽を添付できるところです。

 

そして最後まで見られる動画は、優秀な動画としておすすめに乗る率が上がります。

 

また先頭にループすることにより、再生数が上がります。

 

ノリのいい音楽は、ノリよく見てもらい続けれる確率が上がります。
そして同じ音楽を使ってる動画一覧でもしょうかいされるので、ある程度人気のノリいい曲を使いましょう。

 

2.真ん中に文字を置く

TikTokはスマホを横に向けて、見る動画はありません。

 

ということはほとんど、スマホを縦にしたまま動画を見ます。

 

常に上から下まで見ているわけではないので、真ん中に文字を置くことにより、見てもらえる確率が上がります。

 

3.6秒間を意識する

人間は、6秒間見たものはそのまま見続ける可能性があるが、撤退は大体5秒までがほとんどというデータが出ています。

 

ではどうすれば6秒で何これ?と思ってもらえるかというと、その3分の1である最初の2秒でどれだけ掴めるかによります。

 

ですから最初の2秒で、目を引き6秒間興味を持たせると、1で説明した最後まで見られる優秀な動画になる可能性が高まります。

 

そのためにも、最初の2秒で真ん中に興味を引く文字を置くということは、マストでやるといいかと思います。

 

 

いかがでしょうか?TikTokなどの縦ショート動画は、再生時間が短いから逆に、こんなジャンルじゃないとダメ、こんな動画じゃないとダメ、ということがなく、比較的何の動画でもバズりやすいです。

 

また通常YouTubeなどでは、10分の動画で1時間編集に時間がかかったとしても、TikTokなどの動画は10分20分で完成したりするので、再現性も高いです。

 

制作時間が短いのは、ストレスも少なく楽しいです。

 

これからTikTokを始めたい、動画が再生されないから、バズる動画を作りたい、という方はぜひこの3ポイントを意識して、たくさん作ってみてくださいね。