TOPIC

ワールドカップを見てる人は、おかしい人が多い

ブランディングコンサルタント、ワタナベシンスケです。

 

日本代表がワールドカップで、優勝候補のドイツに勝利!

 

今まで散々、森保監督を叩いてた人たちが、こぞって称賛しました。

 

そして次戦のコスタリカ戦で、まさかの敗北。

 

森安監督と、失点につながるクリアミスをした、吉田麻也選手や、結果を出せなかった選手が、避難を浴びまくりらしいです。

 

この流れ、冷静に見ておかしくないですか?

 

 

 

 

ドイツ代表という、絶対負けると思ってたチームに勝ってしまったばっかりに、勝手に期待値が上がって、勝手に期待裏切られた気持ちになって、怒ってるだけですよね。

 

冷静に見たら分かる通り、元通りですよね笑

 

まあでも、これこそが現代だなと思います。

 

人間普通に生きていたら、被害者意識を持ってるものです。

 

それはわざととかではなく、無意識にという話です。

 

 

 

例えば雨が降ってて、嫌だなと思いますよね?

 

これはもう自然と、無意識に思うものです。

 

でも嫌だなと思う気持ちには、プラスが一つもありません。

 

雨が降っているという事実は、もう変わりません。

 

ということは、被害者意識で物事を見るか、何か肯定的なポイントを見つけて物事を見るかで、その瞬間以降が変わるのではないでしょうか。

 

雨が降ってるという事実を、多くの人が思わないことを思えば・・・

 

人と違った視点や発想が手に入り、それが運に繋がるかもしれません。

 

こういった発想は、この現代社会でこれから成功していく上で、大事な考え方になると思うのです。

 

インターネットが発達してか、情報が速く、多くなりました。

 

そしてきっと、情報を今まで通りそのまま受け取ろうとすると、自然と被害者意識でその膨大な情報を処理してしまうのです。

 

そうなるとどうなるでしょうか?

 

自然と体を蝕み、運気が下がり、人生が下降していきます。

 

そのここ最近の代表例が、このワールドカップのような、SNSでの誹謗中傷です。

 

誹謗中傷が書く人は、当事者や家族、応援してる周りの人などなど・・・

 

読んだ人や内容の対象となる人は、どう感じるだろうなど、考えて書いてません。

 

単に自己都合や、自己の快楽で書いています。

 

それをポジティブな思考無しで、そのまま見続けたらどうなるでしょうか?

 

意識というのは、生活していく上でとても大事になる能力です。

 

ということは今のご時世、無意識に生きるということは、被害者意識を持って生きているのと同じなのです。

 

目の前にある事実は、一つです。

 

それをどう捉えるかで、他の人との差がつくのではないでしょうか。

 

サッカー日本代表が、優勝しようが決勝トーナメント進出に失敗しようが、あなたの人生は変わりません笑

 

ではどうせワールドカップを見るなら、勝っても負けても、それを楽しんで見る自分がいたら、人生は変わるかもですね。

 

日本人の心には、まだまだエンターテイメントが足りないです。

 

★【元ホテルマンがマスターしたあらゆる所で使える見られ方!】ブランディング関連動画はこちら★
【無料公開中!】Facebookに投稿するネタの見つけ方5つのポイント
ブランディングは絶対これを入れないと、どれだけ何を頑張っても無理です
自分の【才能】【長所】【差別化ポイント】の見つけ方
ほとんどの人が騙されている目標設定方法
中毒性のあるSNSの作り方