TOPIC

【ビジネス視点から見る】日本代表がW杯でまたもベスト16入りできなかった理由【ワールドカップ2022】

サッカーのカタールワールドカップ2022、日本代表が、決勝トーナメント1回戦で、クロアチアにPK戦で惜しくも敗北。

 

またもベスト8進出が、阻まれてしまいました。

 

でも元を正せば、アジア予選で負けが先行して、ワールドカップにさえ出れないのでは?から始まり。

 

ワールドカップのグループリーグの対戦相手のくじ引きで、優勝国のドイツとスペインと同組に。

 

大会1の死の組に入り、下手したら3連敗もあり得るぞって中、まさかの初戦のドイツに逆転勝ち。

 

逆にコスタリカに負けて、ドイツ戦はたまたまだったのか感がある中、スペインにも勝利して、まさかのグループステージ死の組1位突破!

 

この時点で、もう今回のカタールワールドカップに関しては、もう十分楽しませてもらったので、十分満足してます。

 

しかし人間とは欲深いもんで、グループリーグ突破できたなら、もう一勝とか、ドイツとスペインに勝ったなら、クロアチアは勝てるでしょう、とかなるものなんです。

 

最初は、ワールドカップにも出れないかも、と思ってたのに笑

 

では、実際スペインやドイツよりは、ランク的にも実績的にも劣るのに、なぜ負けてしまったんでしょうか。

 

 

結論から言うと、PK戦なんていうものは、実質引き分けで、上位進出者を決めるくじ引きみたいなものなので、負けでは無いのでしょう。

 

それでもワールドカップの記録上は負けになるわけで、何より夢見たベスト8進出はまたしてもならなかったわけです。

 

私はサッカーの専門家では無いので、サッカー論でなぜ負けたのか、などはわかりません。

 

しかしビジネス思考的には、試合前から一つ気になっていたことがあるのです。

 

それは選手もメディアも、みんなで

・念願のベスト8進出

・ベスト16の高い壁

・日本の悲願の準々決勝進出

などの言葉が出まくりました。

 

そこでいつしか、ワールドカップでの本当の願望レベルの目標の頂点が、

「ベスト8進出」

になってしまったのかな?と思ったのです。

 

 

何が言いたいかと言いますと、特にビジネスではですが、本当に叶えたい目標が頂点になってしまったら、叶いにくいと思っているのです。

 

本当に叶えたい目標があるなら、もう少し高いところであったり、向こう側を本気で目指さないと届かないと思ってるのです。

 

高校野球で言うなら、甲子園に出るのは甲子園に出るのが夢な学校よりも、甲子園で勝利したい学校、甲子園で優勝したい学校の方が、甲子園に出る確率が高いと思ってます。

 

100m走で、自己最速で100mちょうどで走るのは無理で、どうしてもゴールしてから120mとか向こう側まで走り抜けると思うのです。

 

だから建てた目標が、ちょうど叶う、というのは確率が低くて、もう少し高いところを目指すから、その目標に届く、と思ってるのです。

 

今回のワールドカップでは、ドイツやスペインとやる前に、選手たちは「絶対勝てる」と言ってました。

 

にわかファンや見てる側は、「そんなバカな」とか「意気込みは素晴らしいけど」と思ってたけど、そこまで信じてなかったし、ビッグマウスくらいに思ってました。

 

でも現実のものになりました。

 

そう考えたら、勝ってからクロアチア戦までに

【今度こそベスト8入りしたい】

はスペインやドイツに勝つという夢よりは、急に小さく、目標が低くなったんじゃ無いかなと思ったわけです。

 

もちろんまずは目先の試合に集中、というのはごもっともです。

 

でも目標にするのは、決勝進出とか、ベスト4進出でも良かったんじゃ無いかなと。

 

その前のまずベスト8進出、でも良かったんじゃ無いかなーと思ってます。

 

今回のワールドカップや、サッカーでは当てはまらないかもしれませんが、ビジネスでは急に達成感が出たり、目標が目先になりすぎて運を逃す、奇跡が起こらない、というのはよくあることです。

 

なんかそれとリンクした、日本代表のクロアチア戦だったなという話でした。

 

★【元ホテルマンがマスターしたあらゆる所で使える見られ方!】ブランディング関連動画はこちら★
【無料公開中!】Facebookに投稿するネタの見つけ方5つのポイント
【無料公開中!】ブランディングは絶対これを入れないと、どれだけ何を頑張っても無理です
自分の【才能】【長所】【差別化ポイント】の見つけ方
ほとんどの人が騙されている目標設定方法
中毒性のあるSNSの作り方